読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tottetsuketa's diary

オートバイに乗るのが好きなサラリーマンの日記です

サーキット走行にはまる人が身につけたらよいスキルNO.1は

整備 tips

タイヤ交換のスキルだと思う。

理由

  • 安い通販のタイヤを買うことが出来る
  • 何なら中古のタイヤを自分でつけることが出来る
  • 自分の好きなタイミングで逆履きが出来る

工賃が安いのは当然として(それも大きい)、安いタイヤを入手できるのがまず良い点。自分はスピードスターで買ったり、買いすぎた人から売ってもらったり。

それに、今はあまりないけど、タイヤの銘柄を変えるときにどんな感触か知りたい場合に使用済みのタイヤを知り合いからもらってつけてみたりもする。前はスリックタイヤをもらって試してみたことがあった。

後は自分の好きなタイミングでっていうのは結構大きい。自走の場合はバイク屋とかタイヤ屋さんにほいっと行けばいいけど、公道を走れないバイクを持っている場合はバイクの積み下ろしがめんどくさいし、ホイルだけ外して持っていくのもスペアホイルがあればまだしも、取り外しをするためにひと作業発生するわけで。ちなみにうちの場合は基本トランポに積みっぱなしなので、降ろさないといけない。

そして逆履き。潔癖症の人に言わせるとたぶんとんでもないって事になりそうな気がしますが、少なくとも最近のピレリやメッツラーのプロダクションレース用タイヤ(溝つきタイヤでグリップがいい奴)では逆履きで問題が起きたことはなし。なんならうちの妻クラスではベストを更新したりもする(本人曰く新品タイヤだと緊張するらしい)。バランスも軽点をバルブにあわせる程度で特に取ったりしない。少なくとも200km/hくらいまではそれで問題が起きたことはなし。

逆履きが出来るとタイヤの寿命は1.5倍くらい延びる感じ。1年にタイヤを2セット以上使うならタイヤ交換スキルを覚えておいても良いような気がします。僕がやるとホイルがガリガリになるけどね。

買うべき工具としてはこのあたりの先が薄い高いタイヤレバー1本と、安いちょっと厚いタイヤレバーの1本(これはもちろん高いタイヤレバーであればなお良い)、それからビードワックス、ビードブレイカー、虫回し、など。

コンプレッサーは大体のサーキットには置いてある。最近行ったところだと、富士ショート、富士カートコース、エビス東、そもそもサーキットにコンプレッサーが無いわけが無いけど、使わせてもらえないことがひょっとしたらあるかも。心配なら事前にサーキットに問い合わせたら良いと思います。

以上、いろいろ書きましたがタイヤって大事なので自己責任で。