tottetsuketa's diary

オートバイに乗るのが好きなサラリーマンの日記です

GSX-R1000 外装一応完成、、、かな

GSX-R1000 シートカウルの再塗装とサイドカウルの塗装(完了?) - tottetsuketa's diary

の続き。とりあえずカウルを全部つけてみました。

f:id:Tottetsuketa:20211128204006j:plain

まだシートスポンジをつけてませんが、うーん、なんというか、かっこいい!

シートカウルは寂しかったので、手でなんとなく模様を描いてみました。

f:id:Tottetsuketa:20211128203640j:plain

使ったのは、ペイントマーカーというもので、水で濡れたタオルでこすっても取れません。パーツクリーナーで拭くとすぐ取れます。もともとはパーツにGSX-R用とかSV用とかCBR用とか文字を書きたくて買ってた物です。

色々調べた結果↓のを買いました。

フロントカウルはどうしようかなと思いましたが、妻と相談したら写真が撮りやすいように、見分けがつきそうなデザインが良いと。

となるとフロントにでっかい丸。どうせなら赤で日の丸みたいにしてもいいかも。白でちょっと光が出る感じで、と思ってちょっとやってみました。(ナイフレステープも使ってみましたが、安物を買ったからか、あるいは自分が下手くそなのかうまくいきませんでした。のりさんリベンジよろしくです!)

追記:うまくいきました。ちゃんと説明を読んでからやれば出来ました。

f:id:Tottetsuketa:20211128203940j:plain

うーん、強烈!

視認性抜群かつかっこいいとは思うのだけど(海外のカスタムで、旭日旗模様のやつなんか良いと思うんですけど)自己主張が強すぎるというか、メッセージ性がか出て出てくるのでやっぱりやめました。鳥肌実的な感じで受け止めてくれたら良いのですけど。

f:id:Tottetsuketa:20211128230618j:plain

右のサイドカウルは真っ黒に塗ったので、上のところを銀色にすべくカッティングシートを貼ってみましたが、一人だと無理ですね。しわくちゃになりました。画像は黒に銀が反射して境目が分からなくなってますが。

f:id:Tottetsuketa:20211128230635j:plain

フロントカウルは元に戻しまして、シートスポンジを貼り付けて剥がれないように左右からとりあえず挟んでみました。一晩おいとけば大丈夫でしょう!

f:id:Tottetsuketa:20211128230650j:plain

日の丸はアッパーの左右のところに移しました。これなら日本人選手がバイクにつけている程度な感じで。(視認性どこ行った)まああんまり頑張ってもパーツクリーナーでおちちゃうので、別の手立てを考えようと思います。

カウルが割れて塗装が剥がれたところは黒いカッティングシートを貼り付けてみました。割とあちこちに貼ったんですけど、写真では分からないくらいにはうまくいきました。ちなみに肉眼で見てもぱっと見は分からない位にうまくいきました。よしよし。

GSX-R1000 タンク交換 - tottetsuketa's diary

に書いたTODOはこんな感じ。

  1. 右のアクセルのスイッチのところが邪魔なのでどうにかする → どうにもならないことを確認、困ってないので気にしないことに
  2. カウルを洗う
  3. リアブレーキのメンテナンス
  4. リア周りを綺麗にする
  5. シートカウルをR1000のものにする
  6. カウルの削れているところを修理して再塗装(自分で)
  7. リア周りの分解清掃/グリスアップ
  8. フロントブレーキのピストンとシールを変える
  9. リアブレーキのピストンとシールを変える
  10. タンクをへこんでないやつに交換する&全塗装

まあいったん終了でいいかな。次はCBRにするか、SVにCBR1000RRのカウル(いわくつき)をつけるか。SVはカウル(シートカウルを除く)が2セットあるんですけど、古い方をもう捨てちゃおうかどうか迷っているんですよね。でかくて邪魔だし、ガレージを広く使いたいし。でもせっかくのスペアカウルだし、どうしようかなと思っていたら、CBRのカウルがあるじゃないと。これがつけばハーフカウルみたいな感じだし、今のSVのスペアカウルよりは綺麗だし、車種不明感がさらに高まるしということで。

いやー、バイクいじるの楽しいですね。ちょっと前までバイク触ると手が汚れるからいやだったのに。不思議。スイッチが入っているうちに色々片付けよう。

GSX-R1000 シートカウルの再塗装とサイドカウルの塗装(完了?)

GSX-R1000 シートカウルの塗装 缶スプレー - tottetsuketa's diary

の続き。

サイドカウルを塗ろうと思ってパテ&ヤスリ。

f:id:Tottetsuketa:20211124211753j:plain

こんな風に適当にパテを塗って、削りもせずに耐熱ブラックで色だけつけていたというひどい状態だったのですけど、パテを削ってまた盛って削ってを2回くらい繰り返しました。

f:id:Tottetsuketa:20211124211959j:plain

f:id:Tottetsuketa:20211124212009j:plain

ただ、どうやらFRP自体が割れてヒビが入っていて少々の事ではヒビが消えないので、もういいやと思って塗りました。

f:id:Tottetsuketa:20211124212040j:plain

f:id:Tottetsuketa:20211124212049j:plain

やはりヒビが表面にういてきました。根本解決はカウルを買い直すしかないかも。サイドカウルだけは売ってないのかな。ちなみにアッパーとアンダーとサイドカウルで240ユーロ+送料くらいです。

まあ、、、ステッカーとか貼ればどうにかなるでしょう。それと塗料が余ると思ったので、シートカウルのざらざらのところをもうちょっと厚めに塗ることにしました。

f:id:Tottetsuketa:20211124212747j:plain

ちょっとヤスリ掛けるだけで下が出てくるくらい薄くしか塗れてなかった。塗装の時には下向きになる部分がやはり塗料が掛かりにくいようです。

f:id:Tottetsuketa:20211124212842j:plain

f:id:Tottetsuketa:20211124211206j:plain

良い感じで塗れたんじゃないかと思います。

f:id:Tottetsuketa:20211124213637j:plainついでのシートカウルの裏側の蓋みたいなのも塗りました。こちらは急遽思いついたので足付けはおろか脱脂もしておりません。はじきませんでしたが、ペリってはがれちゃうかも。塗装は綺麗な感じで、つくづく塗装は下地(の表面の平滑さ)に影響されるというのを感じます。

f:id:Tottetsuketa:20211124213026j:plain

防毒マスクはこんな感じになりました。塗装の粉もそうですけど、シンナーそのものもだいぶ濾過してくれている感じです。無いと苦しい。

後はサイドカウルの銀色のところをカッティングシートで再現して、ステッカーとかで飾り付けしたら終わりかな。

GSX-R1000 シートカウルの塗装 缶スプレー

GSX-R1000 お色直し(方針なんとなく決め) - tottetsuketa's diary

の続きで、シートカウルを塗装します。

いつもプロに頼んだ方が良かったと後悔する作業なのですが、本格的な綺麗さにはしないという事で決めたので、缶スプレーで自分で塗ります。塗料を買ってガンで塗ると綺麗にできるし塗料代も節約できるのですけど、掃除の手間がめんどくさいし、そもそものりさんのところにこのご時世にお邪魔するのも色々と大変。一式を自分で買うかも一瞬考えたのですけど、それはそれでめんどくさい。

何年かに一回の作業だから割高でもいいや、というわけで7,8年あるいはそれ以上前に買って持っていたイサムのウレタン缶スプレーを使って塗ることに。

f:id:Tottetsuketa:20211121234433j:plain

まずは足付け。800~600番くらいの耐水ペーパーでカウルのつやがなくなるまで磨きます。隅々まできっちりやると2,3時間かかりますけど、いつも僕は大体です。その後、脱脂もかねて台所用洗剤で洗って乾かします。でサフェは塗らずにそのまま塗装開始。僕の場合、塗っても塗らなくても関係ない感じ。

話が前後しますが、ガレージ内に塗料が飛んでいかないように養生します。バイクには大きいビニール袋を被せて、壁にはスプレーする方向だけこういうので↓カバー。

缶をお湯で温めながらスプレー開始。長年放置していたので、ガスとか抜けてないかなと心配だったのですけど大丈夫でした。一方、2液性なので最初にスプレーを押すときに中の容器が壊れる手応えみたいなのがあるはずなのですが、それが何もなかった。固まるのかなと心配になったけど、全然大丈夫でした。

1回目は薄めに、2回目は全体が黒くなるように、3回目は缶を近づけて、いわゆる垂れる寸前的な感じで厚めに。垂れましたけどね。まあいいです。缶スプレー一本でまあまあ余裕で足りました。

それと防毒マスクはちゃんとしています。使うと手放せません!

f:id:Tottetsuketa:20211121235752j:plainf:id:Tottetsuketa:20211121235807j:plain

裏側は綺麗に塗れた。

f:id:Tottetsuketa:20211121235827j:plainf:id:Tottetsuketa:20211121235843j:plain

表側はつやつやのところと少し柚肌みたいなところと。

f:id:Tottetsuketa:20211121235900j:plain

まあでもトータルでみたらぼちぼちかなという気もします。銀のカッティングシート貼ってごまかせるでしょう!

f:id:Tottetsuketa:20211122000137j:plain

塗装後1,2時間してからガレージに帰ってみたらなんかゴミ袋とかさっきの養生したやつに黒い塗料がついてました。コピー機のトナーみたいな感じ。見たことないけど。

空中に浮遊しているものが数時間掛けて静電気に吸い寄せられたんだろうと思います。

あとはサイドカウルを完成させて、適当にカッティングシートで文字とか入れたらひとまず外装は完成かな~。

他の外装の塗装がはげてるところとかどうしよう。サイドカウルだけだと塗料絶対余るしなあ。まあ余ったらシートカウルの内側でも塗ろうかな。

本格的に寒くなる前に塗装終わらせてしまいたいなと思ってます。

 

GSX-R1000 お色直し(方針なんとなく決め)

GSX-R1000 タンク交換 - tottetsuketa's diary

の後に一回全部カウルをつけてみました。

f:id:Tottetsuketa:20211116231445j:plain

f:id:Tottetsuketa:20211116231743j:plain

カウルの端っこの塗装がはげているのもなかなか悪くない。というわけで、ピッカピカにするつもりはなくなったので、基本は自家塗装で進めていこうと思いますが、ウレタンの缶スプレーで塗ろうと思うので、そうなると塗料の量を考えると銀と黒の塗り分けとなるとまた色々とめんどくさい。

黒はスプレーで銀の部分はカッティングシートでごまかしてみる方針で行こうと思います。試しにカウルの横の塗装がはげたところに銀のカッティングシートを貼ってみました。

f:id:Tottetsuketa:20211116232140j:plain

まあ、完全に溶け込む感じではないですがこれは恐らく銀のスプレーで塗っても同じ色を再現する事は不可能なので。(また塗料を作る元気はない)

興味がある方はこちら↓

塗装完了(〜クリア) - tottetsuketa's diary

まあ角度によっては十分ごまかせるでしょう!

f:id:Tottetsuketa:20211116232711j:plain

後は事故車っぽい最後の部分である右カウル。適当にパテ盛りして、シャーシブラックを振り掛けておいたという代物なのですが、こいつはそこそこ綺麗に塗ろうと思います。

f:id:Tottetsuketa:20211116232846j:plain

↓まだやりかけですが、ひとまず盛り上がっているところを平らにしていこうと思います。

f:id:Tottetsuketa:20211116232904j:plain

粉々になったSVのカウルを直したのに比べれば、まあ十分いけると思ってます。

GSX-R1000 タンク交換

転倒でべっこり行ったタンク、といっても6年間特に困りはしなかったのですが、ついにというかやっとというか綺麗な中古のタンクに交換することにしました。

自家塗装されたよく分からない少し歪んだタンクも持っていたのですが、これをプロに修正と塗装をお願いするよりは、中古の程度の良いタンクが出品されていたので落札しちゃえばてっとりばやいじゃんと思ったのです。

f:id:Tottetsuketa:20211114233632j:plain

というわけで交換。なお自家塗装のよく分からないタンクは売れました。

ガソリンの方はタンク装着状態でシュポシュポポンプ(正式名称知らず)で給油口から抜いて、タンクを外した後燃料ポンプを抜いた後にひっくり返してそこからまたポンプで抜けば、あとは自然に揮発してくれる程度には抜けました。(火気厳禁)

f:id:Tottetsuketa:20211114234423j:plain

なお、タンクを外すのは、タンク前方のタンク固定のネジ2本を抜いた後はポンプのコネクターと燃料ホースコネクターを抜いて、ヒンジ部分の長いボルトを一本抜くだけなのでとても簡単。整備性は良いと思います。

f:id:Tottetsuketa:20211114234555j:plain

燃料ポンプも簡単に抜けます。

99年式ハヤブサの頃に苦しめられた燃料タンクのフィルターですが、掃除しようかと思いましたが分解するのが面倒だし、壊れてないのに掃除するのも面倒なのでそのまま組み込みました。ポンプが動くのを確認して、ガソリン戻してエンジンが掛かるのを確認して完了。後は前後ブレーキキャリパーのシールは来たし(本当に興味が無かったので知らなかったのですけど、リアのキャリパーって片押しって事をパーツを注文してから知りました、、)これで、

GSX-R1000のフロント周りのメンテ(ステムのグリスアップ、ブレーキパッド交換、フォークのまがり交換) - tottetsuketa's diary

に書いたものは半分くらい片付いたかな。

  1. 右のアクセルのスイッチのところが邪魔なのでどうにかする → どうにもならないことを確認、困ってないので気にしないことに
  2. カウルを洗う
  3. リアブレーキのメンテナンス
  4. リア周りを綺麗にする
  5. シートカウルをR1000のものにする
  6. カウルの削れているところを修理して再塗装(自分で)
  7. リア周りの分解清掃/グリスアップ
  8. フロントブレーキのピストンとシールを変える
  9. リアブレーキのピストンとシールを変える
  10. タンクをへこんでないやつに交換する&全塗装

f:id:Tottetsuketa:20211115000848j:plainストンプグリップもついててお得!