tottetsuketa's diary

オートバイに乗るのが好きなサラリーマンの日記です

SV650のシートカウルの修理の続き(1)

tottetsuketa.hatenablog.com

の続き。

シートのスポンジを引っぺがしました。

f:id:Tottetsuketa:20190528200734j:plain

ヒートガンで温めながら剥がしたのですが両面テープは残りました。残ったのりを温めて剥がしてもなかなか取れずにらちがあかないので、キャブクリーナーを塗ってラップを被せて一晩放置。その後に柔らかくなったところをスクレイパーで剥がしました。

ちなみに、塗装を剥がす用の剥離剤を使うとFRPまで溶けるそうですので注意。昔、タンクの塗装を剥がすのに使いましたが、ほんのわずかでも皮膚につくとピリピリする恐ろしい薬剤ですので注意してください。僕は真夏に蓋を開けたらそのままポンッ!って炭酸飲料を空けたみたいに中身が飛び散りまして、その後1秒で顔面が猛烈に痛くなり、すぐに水道で洗い流すというひどい目にあいました。

眼鏡掛けてて本当に良かったです。

f:id:Tottetsuketa:20190528200744j:plain

使ったのはこれ。

f:id:Tottetsuketa:20190527225047j:plain

で、FRPは固まりました。

f:id:Tottetsuketa:20190527225051j:plain

穴も一応は塞がりました。かなり事故感漂ってますけど。

f:id:Tottetsuketa:20190528210026j:plain

表面をベビーサンダーで削りました。

f:id:Tottetsuketa:20190528210030j:plain

アップ。タイラップも削り取りました。

f:id:Tottetsuketa:20190528210033j:plain

ぽっかり穴があいたところも削って、事故感は若干薄まりましたかね。

f:id:Tottetsuketa:20190528211049j:plain

で、厚付けのパテを塗って

f:id:Tottetsuketa:20190529205731j:plain

もう一回削りました。事故感は大分解消されました。

 

 

SV650のシートカウルの修理を開始

新しいカウルは買ったんですが、転倒したカウルも割れたFRPの破片を回収したのもあって、直してみようかなと思っています。

f:id:Tottetsuketa:20190519173803j:plain

表側。

f:id:Tottetsuketa:20190519173817j:plain

裏側。破片をちゃんと持って帰ったの偉い。

f:id:Tottetsuketa:20190519180418j:plain

なんとなくはめてみるといけそうな気がしてきた。

カウルに穴をあけて、タイラップで縫い合わせて、、

f:id:Tottetsuketa:20190520213301j:plain

アルミホイルにスプレー糊吹いて傷をふさいでみた。

f:id:Tottetsuketa:20190520213307j:plain

カウルがなくなったところはこんな感じで下敷きをあてる。(タカダマさんに教えてもらった方法)

f:id:Tottetsuketa:20190520213314j:plain

これがスプレー糊ね。

f:id:Tottetsuketa:20190520214127j:plain

裏から見るとこんな感じ。

写真は面倒なので載せないけど、FRPをペタペタ貼り付けていったん終了。久しぶりのFRP作業ですが、ちゃんと有毒ガス的なものを吸い取るマスクをしてから作業。

こちら↓参照のこと。

tottetsuketa.hatenablog.com

SV650のカウルが届きました

今ついているシートカウルはGSX-R1000のK7のカウルであるようです。

国内で検索してみてもなかなか見つかりませんので、GSX-R1000L0のカウルを注文した海外のサイトで注文しました。
今回はホームページの調子が悪いのか?決済画面のループから抜けなかったので、メールしてみたところすぐに返事があり、メールで注文を受け付けてくれました。

Paypalで支払いしその旨を連絡するとすぐに「工場で作るね!」みたいな感じの連絡があり、その後しばらくしてから到着。

時系列的にはメールで問い合わせが5/6、返事がその日中にありカウルの注文をメールで行い、5/8にPayPalの口座を教えてもらって、こちらが送金して連絡したのが5/9、5/10には送付の連絡とトラッキング番号の通知です。実際に受け取ったのは、5/24か5/23位ですね。税関でのチェックで多少前後するようです。

ちなみに費用は送料込みで184ユーロ(22500円くらい)です。ものによっては日本の税関で税金を取られたり、付加価値税(詳しいことは忘れましたが、欧州内での取引では発生、のはずなのに別の業者に頼んだら払わされたことがある。問い合わせたが返金してくれなかった。)も前回と同じく取られなかったし、メールの返事も早いし。

ちなみにモノの品質としては、、、まあ値段なりという感じでしょうか。カウルの貼り合わせ面がずれて段差ができていたり、ゲルコートに傷が入っていたりしますが、僕は全く気にしないタイプなのでむしろこの程度でこの値段なら納得のプライスです。

割れた方のカウルもどうにか修理できそうな気もするので、これを直せれば外装一式が2セットそろったことになります。(カウルばっかりで邪魔なんだけど)青色にでも塗ろうかな~。

 

タイヤ交換して久しぶりのGSX-R1000で富士ショート 32秒68

SV650はまだまだめどがつかない(FRPカウルを修理したり、新たに注文したり、ステップを注文したり、つてで工作を依頼したり、オーリンズのO/Hを依頼したり)し、このままだと梅雨突入は間違いないので、久しぶりにGSX-R1000L0を動かすことにしました。最後に乗ったのは6ヶ月位前ですし、ちゃんと乗ったのはいつだったか思い出せなくらい昔ですので、たまには乗っておかないと。

で、いつもなら3年前のタイヤ(他はわかりませんが、ピレリのタイヤは外に放置してても2年位は平気なイメージ。ガレージ内保管なら相当大丈夫だろうと思っている)だろうが普通に乗るのですが、SV650と同じようにこけてしまうと馬鹿丸出しなのでとりあえずタイヤを交換しました。

といってもリアは同じく3年前くらいにかったタイヤです。ラベルはDIABLO SUPERCORSAと書いてますが、V2のはず!多分(発注したメールを見るとV2って書いてある!リアのエッジにロゴが入ったのV2からですよね、確か)

f:id:Tottetsuketa:20190524185649j:plain
f:id:Tottetsuketa:20190524205055j:plain

まあ、別に何でもいいんですけど、そんな感じでタイヤ交換しました。

久しぶりにタイヤ交換したからかタイヤもなかなか外れないし、ホイルの車体への脱着も苦労しました。大分忘れている!

で、前置きはそれくらいにしまして、サーキットです。

今日の一番のトピックスは妻がGSX-Rに楽しく乗れるかどうかです。思えば、しばらくトラブル続き(転んだり、クラッチスイッチをキャンセルしたことによるギクシャク)というのもあったり、CBR1000RRのカウルのせいなのか足が踏ん張れない等色々ありましたので、思い切ってCBRのカウルを削ってみたのがこの前です。

  • 1本目f:id:Tottetsuketa:20190526104305j:plain

とりあえずそのまま走ってみました。「重っ!」バイクも重いし、操作系も重い。シフトチェンジすらこんなに固かったっけ?って思うほど(単にメンテナンスしていない可能性あり)暑いし、熱いし。とてもちゃんと走れる気がせず、1コーナーも転びそうな気もするし、、、頑張っても36秒位だったんですが、何台かに抜かれたりしつつ走ってるうちになれましてタイムは33.4。

妻も想定タイムをクリアしました。やはりカウルを削ったのは良かったようです。

  • 2本目

f:id:Tottetsuketa:20190526100230j:plain

バイクが重すぎるのはひょっとしたら、フロントに荷重がかかりすぎているのかも知れないと思ってリアのイニシャルを全抜きしました。おお、軽くなった!

なんとなくじわりじわりと攻めることができまして、32秒台に入りました(32.69)。最終コーナーの走り方はSV650で走ったときに思い出した感じで、フロントタイヤに荷重をかけつつターンの時にうまく抜いて走るといい感じでした。なお、妻もタイム更新。しっかし、暑くてヘロヘロです。7,8分走って妻と交代です。

  • 3本目

思ったよりクリアが取れるのでタイムアタックをしたのですけど、あまりタイムがあがりませんでした。雑になっているのかな?でも31秒出したときとかってもっとやばい感じで走ってたなあ、それよりはまだまだ甘い気がするなあ、等と思いながら一人反省会してたんですけど、転ばなくて良かったなというのと本来の目的の妻が乗れるかどうか確認するという意味ではしっかり確認できました。

4本目いこうかどうか迷ったんですけど、暑さでしんどいしタイムアップの材料が思いつかないので、ここで終了。1000ccってこんなしんどかったっけ??と思いつつ、まあ楽しかったです。操作系を一度しっかりメンテナンスしてからもう一回走ろうかな~。

動画

 

GSX-R1000のシートの改造

SVの方はそれほど重症ではないのですが、しばらくは部品が入ってくるのを待ったり、パーツを作ってもらったりしないといけないのでしばらくお休み。そういえばオーリンズのリアサスをオーバーホールに出したり、エアバッグをチェックに出したりしました。それはまた別途書くとして。

せっかくなんでGSX-R1000に乗ろうと思います。最後に乗ったのは下記の記事のときだから大体6ヶ月位前になるんかな。いつのタイヤがついているのか分からないのですが、このリンク先にも書いてあるようにシートの幅が広いのを狭くしてみるのを試そうと思います。
tottetsuketa.hatenablog.com

というわけで今ついているシートを削ろうと思います。

大体どのあたりを削ろうかなあとGSX-R用のシートカウルと並べてみます。一番細いところで見ると結構削らないといけない。

f:id:Tottetsuketa:20190515203515j:plain

サンダーでガリガリ切ると、粉塵が凄いのと曲線は切れなさそうなので、ドリルで穴を空けまくって糸鋸で切るという作戦で行くことにします。

f:id:Tottetsuketa:20190515210748j:plain

マジックで印をつけてドリルで穴を空けまくる。1個5~10秒位です。パスパスいける。

f:id:Tottetsuketa:20190515211556j:plain

この糸鋸、15年くらい前に買ったんだけど結構優れもの。ドリルで穴を空けた後だと5分くらいで片方切れた。その後ヤスリで少し削って整える。多少ガタガタしても気にしない!。あとは知る人ぞ知る味噌樽サイクロンが意外と活躍。

f:id:Tottetsuketa:20190515203246j:plain
f:id:Tottetsuketa:20190515213951j:plain

切断前後の比較です。またがってみたら多少良くなったような気がするが、妻の印象がどうかだなあ。

f:id:Tottetsuketa:20190515213923j:plain

横から見ると手作り感が凄い。けどまあ、うちのバイクって感じ。シートスポンジを貼るか、このまま行くかちょっと迷い中。なんか貼っとくかなあ。

あとタイヤどうしよう。リアタイヤだけまだ新品があるんですよ。3~4年前のですが。

※ガレージは片付け中です。